N-blog (ネブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラエル、金と平和、トイレの小便器がないこと

<<   作成日時 : 2014/01/15 05:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 現地通訳の日本人が女性でして、そういう質問はよくないのかな、と思いつつたずねてみました。でもまあやはり「そういえばそうかもしれませんね」という回答。国際的人材の集まる企業の男子トイレに小便器がないのは、宗教的な背景があきらかになって、人間関係に支障がでかねないからなのでしょう、と推測しています。といって割礼がどんななのか、ということまで、わざわざ確認するものではありません。通訳さんに「あんたの旦那さんはどうなんっすか?」と聞くのは重大な逸脱行為です。とある店のとあるお嬢さんに「とっても硬いですね」と言われても、比べっこなどしないのです。
画像

 というわけで日曜日からがりがりと仕事をしていて、余暇といえば時差ボケの治りきらない朝くらい。6時のまだ暗いころから外へ出て、テルアビブ市街に出たくらいでようやく日の出。本当は日本大使館の位置を確かめたかったのですがあきらめて海岸へもどると、"Independence Park"と表記された公園に。なんだかすごい岩です。死海のある-400mなんかもそうなんでしょうが、イスラエルは奇観に富んでおります。ちなみに同じくホテルの近くに"Hagana"の碑があります。イスラエル建国のために作られた武装組織。先日天寿を全うされたシャロン元首相も、その部隊に所属してバリバリやっておったのです。
画像
画像

 ちなみに仕事場のすぐ東は、国連定義的に線が引かれている場所。車窓から丘を見ることができますが、さてその向こうはどうなのか。好奇心猫を殺すの教えどおり、しばらくはおとなしくしたいと思っています。
画像
画像

 さて、たいへん素晴らしかったのは3日目の夕食。ホテル近くの、騒がしいレストラン。地中海の海の幸が良いというこの地にあって、メニューの詳細をよく見ると"Sashimi"とか"Wasabi"とかと書いてあります。その中で"Ginger Fettuccine"と書かれていたメニューがとてつもなくうまかったです。赤い色のついたパスタ・フェットチーネという、まるで日本的ではない外観にあって、その中は味噌と生姜と蟹の味。なんでここのシェフは「とてもよくわかっている」のか。KoreanやChineseの経営するようなJapanese Food店が多い中、この店こそを「日本食屋」と定義したいと考えております。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスラエル、金と平和、トイレの小便器がないこと N-blog (ネブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる