N-blog (ネブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS カマタマーレ讃岐の苦難と希望

<<   作成日時 : 2014/04/05 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうやらJ1徳島とJ2讃岐のホームゲーム開催日程が、うまいこと1日ずらしで調整してあるらしく、遠征にはちょうど良いそうです。という話を全く真に受けて、日曜開催のJ1徳島-川崎の遠征に合わせて、本日土曜日のJ2讃岐-栃木を見てやろう、と思い立ったわけです。自転車を輪行袋に入れて10時過ぎ新大阪発の新幹線で岡山、岡山から瀬戸大橋を渡って坂出で降り、国道11号線を西に9kmばかり行けば、丸亀のスタジアムが見えてきます。これでちょうど試合開始20分前くらい。
画像

 入場の際、讃岐のチームカラーとよく似た水色の上着を着ているにもかかわらず、胸につけられたエンブレムを見て「遠いところからよく来てくださいました」と言ってくれました。これはチケットの係員だけじゃなくて、屋台のうどん屋さんもそうでした。なんでも私と同じ意図で丸亀に来ている川崎サポーターもいるようで、事実スタンドでもKawasaki Frontaleの文字の入ったグッズをつけている人も見かけました。Jリーグ四国勢の観光戦略だけではありません。なにしろ、10年来くらいの川崎サポーターにとっては決して忘れることのできないFW、我那覇和樹選手がカマタマーレ讃岐に在籍しているのですから。
 その我那覇は、高橋泰とともにFWとして先発出場。高橋泰も結構年季の入った名選手です。栃木の方も近藤祐介、大久保哲也、中野洋司と「おおっ」と言わせる選手が出場していました。選手名鑑をちゃんと持ってこなかったせいもありますが、J2観戦は移籍による出会いも面白さの一つです。
画像
画像

 さて、讃岐の2トップの名前だけ見ると、いつでも点が取れそうな気がするのですが、そこになかなかボールが入っていきません。我那覇は実際、言い動き出汁をしていますし、縦にボールが入ればほとんど収められるのです。しかしそこに中盤が連動しない。サッカー戦術は素人なので口を出すとボロが出ますが、象徴的な場面を前半37分頃にカメラに収められたので例示すると、クロスがあがる際にみんなが前線に張ってしまっていて、こぼれ球を拾ってミドル、という狙いがないのです。セットプレーのキッカーは両SBですし、中盤の戦力不足は否めません。
画像

 試合は両者無得点ながらも讃岐がやや優勢、本当にあとは点を取るだけだ、という展開の中、86分、讃岐自陣左サイドの攻防の中でボールがタッチラインを割ります。副審は讃岐ボールと旗を示しましたが、それを主審が栃木ボールだとして差換え。讃岐サポーターのどよめきの中で再開されたスローインから、上がったクロスを、清水から栃木へ期限付移籍中のFW瀬沼が讃岐のマークを外してヘディング。これが非情にも讃岐ゴールに突き刺さり、栃木に残り4分というところで、得点を許してしまいます。残り時間と追加時間をあわせた時間、讃岐もなんとか同点に追いつこうともがきましたが、結局そのまま試合終了。待ち望んでいた勝利はおろか、勝点1さえも奪われる結果となりました。その権利は十分に持ち得たと思うんですけどねえ。J2初昇格の讃岐、苦難は続きます。
画像

 苦難と言えば観客数もそうです。午後からの雨模様や花見の付き合いもあるのでしょうが、観衆は1,450人と実に振いませんでした。連敗の影響や、チケット料金などの問題もあるのでしょう。しかし、決して絶望的な状況ではありません。ホームの丸亀競技場は国道11号線沿いにあり、駐車場問題はついて回るとしても地形的にはどうとでも渋滞の避けようがありそうです。また、たとえ連敗続きだとしても、我那覇の動きは金を払って見るに値します。特にサッカー少年には良いお手本になるはずです。それからスタジアムグルメ、うどんが美味い。まあこれは香川県のどこでもそうなんでしょうけれども、実に良かったです。ともかくカマタマーレ関係者は決して下を向かないで欲しいです。松本山雅がそうだったように、四国ダービーをやるようになってからが本番かもしれません。
画像

 それにしても、久しぶりに見た我那覇が元気で、しかも上手くて感激しました。実に不幸なドーピング冤罪事件により、日本代表への道は途絶えてしまいましたが、まだまだやれます。かつて等々力を湧かせた中村憲剛と我那覇のコンビ、「いまの中村憲剛」と「いまの我那覇和樹」でも見てみたいと思いました。讃岐も中村憲剛のような、とんでもない拾い物を当てられれば良いのですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カマタマーレ讃岐の苦難と希望 N-blog (ネブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる